【メディア掲載】旅色 TABIIROで、伝泊 The Beachfront MIJORAを紹介いただきました。

大人の女性に上質な旅時間を届ける、電子雑誌「旅色 TABIIRO」の奄美大島特集で、伝泊 The Beachfront MIJORAをご紹介いただきました。 女性がゆったりと奄美の良さを体験でき…

vol.18 島豚も島の魚も島の野菜も何でもそろう。加計呂麻島のいっちゃむん市場

,
”Amami”はイタリア語で「私を愛して」という意味。 そう、奄美には愛さずにはいられない魅力が溢れています。 自然、食、人etc.、愛すべき奄美の魅力を島人の目線でお届けします。 伝泊『しまぬ自慢』をご覧の皆さま、こんにちは。加計呂麻島在住の三谷晶子です。 さて、今日は、加計呂麻島のものなら何でもそろう、『加計呂麻島のいっちゃむん市場』のことを紹介したいと思います。 加計呂麻島は、奄美大島より船で20分ほどの「離島の中の離島」。 訪れる人が口をそろえて言うのが「予想以上に何もない」というひとこと。 私としては「何もないけれどすべてがある島」だと加計呂麻島のことを思っているのですが、伝泊「海見る屋根の宿」や「リリーの家」などの食事つきではない宿に泊まる際、加計呂麻島内で予想以上に買い物ができないのは、たしかにお困りになるでしょう。 そんな時、頼りになるのが『加計呂麻島のいっちゃむん市場』。 島内産の野菜、島豚、島の魚介類、加工品、お土産などなんでも揃う市場です。 島ならではの野菜、青パパイヤや長命草、島かぼちゃなどがずらりと。 島バナナは房ごと売っているワイルドさ。 島の魚の刺身も手に入ります。 お土産も充実。加計呂麻島に住む人々が作る、自然布のストールやシェルや蔓を使ったアクセサリーも。 加計呂麻島の美しい海水から作られた海塩もおすすめ! と、加計呂麻島のものならば何でも揃うお店なのです。 2015年にこちらがオープンするまでは、加計呂麻島には島内にぽつぽつと日用品を買える商店がある程度で、 生鮮食料品を買えるお店がほとんどありませんでした。 島で作られた野菜や魚介類が食べたいと言っても、島内ではそれらが売っていなかったのです。 島で暮らしていると、おすそ分けやお呼ばれの席で、島の野菜や魚介をいただく機会は豊富にあるのですが、 訪れた方にはなかなかその機会がありません。 ですが、『加計呂麻島のいっちゃむん市場』ができたことにより、観光の方も島の食材を手に取る機会が増えました。 観光の方から島在住者まで、いつも賑わう『加計呂麻島のいっちゃむん市場』。 島の野菜や魚介類は、外から来た方には見ているだけでも珍しく楽しいはず。 伝泊「海見る屋根の宿」からは車で20分程度、「リリーの家」からは車で40分程度。 加計呂麻島のふたつの港のひとつ、瀬相港近くとアクセスのいい場所に『加計呂麻島のいっちゃむん市場』はあります。 観光スポットを巡るだけではなく、現地の暮らしや食生活を感じることも旅の醍醐味のひとつ。 島ならではの野菜の調理法も市場の方が教えてくれるので、ぜひとも行ってみてくださいませ。 加計呂麻島のいっちゃむん市場 住所:鹿児島県大島郡瀬戸内町瀬相742-39 電話:0997-75-0290 営業時間:8:30~18:00 定休日:年始・旧盆 【プロフィール】…

伝泊・絵物語4完成しました。

奄美の文化や自然をもとに作られた創作物語です。第4作目の「アマミハンミョウのみちおしえ」が完成いたしました。 一期一会を大切に、 伝泊の宿のゲスト様に直接手渡…

vol.17 さねん秋色

,
“Amami”はイタリア語で「私を愛して」という意味。 そう、奄美には愛さずにはいられない魅力が溢れています。 自然、食、人etc.、愛すべき奄美の魅力を島人の目線でお届けします。 月桃という植物をご存知でしょうか? 島ではサネンと呼ばれ、庭にはもちろん、島のいたるところに自生する身近な植物です。 英名をシェルジンジャー。ショウガの仲間です。ランのように華やかな満開時よりも、白い小さな貝にちょこんと紅をさしたようなつぼみの姿のほうがよく知られているのではないでしょうか。 この月桃、梅雨のころに花を咲かせ季節の風物詩になっていますが、島外の方がその後の姿を見る機会は、そう多くありませんよね。 花の終わった月桃がどんな姿なのか。 まず、夏の頃にはピンクのフリルを付けた若々しい青い実がなります。 そして秋。 サシバの鳴く頃になると、その実が真っ赤に熟してこんなに美しくなります。 花も実も美しい月桃ですが、私はどちらかといえば、実の方が好きです。 秋とはいえ、日中には夏日が続き、紅葉とも無縁な奄美において、鮮やかすぎず思慮深い赤が連なる月桃の実は、私のイメージする秋そのもの。 切って来て飾れば部屋の中にも秋を呼び込めます。 そして、この月桃の実は嬉しいことにお茶になります。実を乾燥させて煎じれば、月桃特有のスパイシーな香りのお茶のできあがり。 ショウガの仲間だけあって、そのお味はマイルドなジンジャーティーのようです。 まーぐん広場・赤木名…

伝泊・絵物語3作品が完成しました。

伝泊で宿泊ゲストにお土産としてお渡ししている「伝泊・絵物語」。 現在第3作まで発行しています。 奄美の自然や文化を題材にした創作物語で、ゲストからも大変好評…