奄美の心

「伝泊」は、伝統・伝説的な建築と集落文化を次の時代に伝えていく宿泊施設。
奄美大島北部・笠利町の赤木名集落を中心に、3つの宿泊施設「伝泊 The Beachfront MIJORA」「伝泊 古民家」「伝泊 奄美 ホテル」を運営しています。
島の自然、人、文化、時間に包まれながら、まるで暮らすように、ゆったりとお過ごしください。

宿を予約する

伝泊 The Beachfront MIJORA

島の自然と対話する宿。奄美ブルーの海に臨む開放的な空間。水平線に沈む夕陽。夜は満天の星。かけがえのない奄美での体験を、お過ごしください。

詳しくはこちら

伝泊 古民家

島に暮らすように泊まれる、伝統的・伝説的な建物を改修した一棟貸の宿。ご家族やグループに最適。奄美大島、加計呂麻島、徳之島に15棟を展開しています。

詳しくはこちら

伝泊 奄美 ホテル

レストラン、奄美産マーケット、ギャラリー併設も嬉しい、地域交流の拠点。奄美空港からのアクセスも良く、シンプルで機能的なリノベーション・ホテル。

詳しくはこちら

地域の伝統・伝説・日常があなたの街を元気にする

小さな集落を取り残さない社会を実現

建築家として、これまで見向きもされない埋もれた素材に着目し、その声を聴き、新しい建築素材と地域活性の材料として再編集してきました。
現在は、小さな集落を基本としてネットワークを作りながら、観光に訪れる人と新たな関係性を構築するまちづくりを実践しています。
SDGs推進を主眼に、人間と自然との関係性に「時間」を介して、次なる希望を現実化していきます。

詳しくはこちら
Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKorean