集落住民と観光客の交流の場

集落住民・観光客・高齢者・障がい者などが多種多様な理由で集まり、感じ、作り、交流を活性化する中心地になるようにという願いを込めて名付けた複合施設「まーぐん広場・赤木名」には、宿泊施設と総合フロント、 高齢者施設、食堂、物産&ギャラリー、ライブラリー、子育て支援のための学習・保育スペース、イベントスペースなどがあり、集落住民・観光客、誰でも楽しめる多様性にあふれた交流の場として、集落のシンボルとなっています。

「まーぐん広場」は奄美大島北部、赤木名集落にあります。「まーぐん」とは、奄美大島の言葉で「みんないっしょ」という意味です。赤木名集落は、奄美空港から車で7分の場所にあり、江戸時代には奄美の中心地として栄えました。そのため、代官所跡など歴史的な場所も多く残されています。

集落住民と観光客の交流の場

集落住民・観光客・高齢者・障がい者などが
多種多様な理由で集まり、感じ、作り、
交流を活性化する中心地になるようにという願いを込めて
名付けた複合施設「まーぐん広場・赤木名」には、
宿泊施設と総合フロント、 高齢者施設、食堂、
物産&ギャラリー、ライブラリー、子育て支援のための学習・保育スペース、
イベントスペースなどがあり、集落住民・観光客、誰でも楽しめる
多様性にあふれた交流の場として、集落のシンボルとなっています。

「まーぐん広場」は奄美大島北部、赤木名集落にあります。
「まーぐん」とは、奄美大島の言葉で「みんないっしょ」という意味です。
赤木名集落は、奄美空港から車で7分の場所にあり、
江戸時代には奄美の中心地として栄えました。
そのため、代官所跡など歴史的な場所も多く残されています。

伝泊 総合フロント

1階にはご宿泊の方をお迎えするフロントがあります。「うがみんしょーら」(奄美の方言で「こんにちは」の意)と元気に声をかけてみてください。

奄美産マーケット(物産)

”奄美で作られている・人と地球に優しい商品である・商品の本質を伝えるデザインである”を基準にセレクトしたショップ。島のおばあ手作りのお菓子から、奄美の植物を使ったオリジナルの化粧品まで、島らしさを感じる品々が並びます。

奄美産マーケット(ギャラリー)

奄美の自然を表現した絵画や、奄美の木々や土を材料にしてつくられた器・陶芸に加え、染物のアパレルやアクセサリーといった日常的に取り入れられるものまで、選びぬかれた幅広い商品を取り扱っています。観光客への提供の場をつくることで、群島内で活動する地元作家を応援しています。

まーぐん食堂

島の暮らしを食べて感じる「シマのみんなの食堂」。地元の生産者から仕入れた新鮮な食材を使い、独自の気候風土・慣習から生まれた郷土料理や、他では味わえない家庭料理を提供しています。

ライブラリー

奄美に関連する書籍や写真集を取り揃えました。まーぐん広場から、小さくきこえてくる方言に耳を傾けながら、奄美の文化や歴史を知ることで旅はさらに豊かになることでしょう。ワーキングスペース、ゲスト同士の交流の場としてもお使いいただけます。

高齢者施設(寄り添い)

当施設1階の広場奥では高齢者施設も運営しています。おじ、おばが長い年月をかけて奄美という地で得てきた知恵はまさに「島のたから」。一人ひとりの人生を尊重し、個性や現状に寄り添った施設の在り方を目指しています。

学童保育スペース

赤木名集落には、小中学校があり、放課後に子供たちが気軽に立ち寄れる「居場所」として活用いただいています。「こんにちは」とお辞儀をしながら元気に挨拶をしてくれる子どもたちから、なにか大切なことを教わるかもしれません。

イベント

島唄をジャズやキューバ音楽といった他ジャンルと掛け合わせる「まーぐん音楽祭」や、展覧会や対談イベント、ワークショップなどを実施する「伝泊芸術祭」を年に数回ずつ開催しています。無料で予約不要なので、開催中はぜひご参加ください。

・レンタカー:奄美空港から車で約10分 / 名瀬から車で約40分
・バス:奄美空港からバスで約15分(バス停「赤木名入口」で下車)
https://den-paku.com/hotel_amami
(〒894-0511 鹿児島県 奄美市 笠利町 大字里50-2)

0997-63-1910 午前9時〜午後6時

※まーぐん食堂のみ 営業時間 毎週金・土・日 11:30〜14:30 (L.O.14:00)
※ご予約は承っておりません。当日の空席状況はお電話にてお問い合わせください。

悠久の時にまどろむサンセットクルージング

伝泊 Catamaran

「伝統的・伝説的な建築と集落文化を次の時代へ伝える」ことをコンセプトにする伝泊では、地域の伝統工芸品の活性と後継者不足解消による技術継承を支援しています。

この「伝泊 Catamaran」は、奄美で伝統的な木船をつくる唯一の船大工・坪山良一氏とのコラボレーションにより、約1年間という歳月をかけて完成しました。

「伝泊」の代表であり建築家の山下によるデザインをもとに、坪山氏が丁寧につくりだしたその曲線には美しさと温かさが宿っています。伝統的なモノに新しい風をふかせた、世界でここにしかない船で、奄美の自然に浸る豊かなひとときにお連れします。

きらめく光とゆらめく水面 手仕事と木の温もりに運ばれて
ときめく時間に心がほころぶ。
落ちゆく空が海につながるまで 夕焼けの色をグラスにそそぎ、
潮の香りや水とあそぶ。母なる海に浮かべたゆりかごで
自分自身と向き合い、悠久の時にまどろむ。

「伝統的・伝説的な建築と集落文化を次の時代へ伝える」ことを
コンセプトにする伝泊では、地域の伝統工芸品の活性と
後継者不足解消による技術継承を支援しています。

この「伝泊 Catamaran」は、奄美で伝統的な木船をつくる
唯一の船大工・坪山良一氏とのコラボレーションにより、
約1年間という歳月をかけて完成しました。

「伝泊」の代表であり建築家の山下によるデザインをもとに、
坪山氏が丁寧につくりだしたその曲線には美しさと温かさが宿っています。
伝統的なモノに新しい風をふかせた、世界でここにしかない船で、
奄美の自然に浸る豊かなひとときにお連れします。

まるで海と一体になっている感覚

インフィニティプール

あふれ出る小さな水と
母なる大きな水のハザマで
奥深く自分自身へ還る

天候によって豊かな表情を魅せる赤木名湾と
一体になる五角形インフィニティプール。

全面がオーバーフロー仕様で、
広大な海に溶け込むような、
開放的な感覚をお楽しみいただけます。

眼前に広がる海を見つめ、奥深く自分を見つめなおす
穏やかな時間をお過ごしください。

あふれ出る小さな水と
母なる大きな水のハザマで
奥深く自分自身へ還る

天候によって豊かな表情を魅せる赤木名湾と一体になる五角形インフィニティプール。

全面がオーバーフロー仕様で、広大な海に溶け込むような、開放的な感覚をお楽しみいただけます。眼前に広がる海を見つめ、奥深く自分を見つめなおす穏やかな時間をお過ごしください。

フロント兼レストラン&バー「2 waters」に隣接しています。ミドリヤ棟(Deluxe Villa・Queen bedの宿泊棟)からは徒歩10分程度となります。

利用可能な時期について
4月下旬~10月下旬がご利用可能です。

利用可能な時間帯について
夜間は星空を楽しんでいただけるよう、照明が少なくなっております。
安全にご利用いただけるよう、ご利用可能な時間は9時~18時までです。
※ご利用が可能となるのは、チェックイン手続き後となります。
※メンテナンスのためご利用いただけない場合がございます。予めご了承ください。

雨天時の利用について
温水プールではございませんので、時期や天候によっては少し寒く感じる可能性がございます。
屋根がございませんので、雨天時はご利用いただけません。

利用料金について
インフィニティプールは、伝泊 The Beachfront MIJORAの宿泊者様限定の施設となっておりますので、料金はいただきません。

更衣室について
更衣室はございませんので、お部屋で着替えて2 watersへお越しください。
屋外に設置しているお手洗いや温水シャワーは、ご自由にご利用いただけます。

予約について
なるべく多くのお客様に楽しんでいただけるよう共同利用となっており、予約制ではありません。
ご利用の際は、安全のためご利用者様の人数を伺わせていただきます。必ずフロントにお声がけの上、ご利用をお願いいたします。

ランドリールーム

ランドリールームは宿泊で滞在の方はもちろん、地域の方も利用できます。地域の住民に声をかけてみたら、面白い島情報を教えてもらえることもあるかも。ランドリーの営業時間:毎日 9:00〜21:00(定休日なし300円〜1,100円でご利用いただけます。(※本施設は宿泊者・地域の方共用です)

マリングッズ レンタル

大自然の中の滞在を満喫していただくため、ご宿泊者限定でマリングッズをレンタルしています。シュノーケルや浮き輪、フィッシングなど取り揃えています。※SUP・カヤック・フィッシングのレンタルサービスは2023年度分の受付を終了しております。(8月30日現在)

E-Bike レンタサイクル

伝泊ではE-Bike(電動スポーツ自転車)のレンタルサイクルをしています。集落の散策を楽しむもよし。カフェ巡りをするのもよし。海やさとうきび畑の絶景ポイントを満喫するのもよし。坂道・山道もぐんぐん走るから、足腰疲れずにサイクリングを楽しめます。

伝泊

奄美大島

九州と沖縄の間に位置し、
世界自然遺産にも登録された奄美大島には、
琉球と薩摩の影響を受けた独自の文化が根付いています。

島の伝統行事が行われる高倉のある宿、
水平線にのぼる朝陽を愉しむ宿、
南国の木々に囲まれた秘境のような宿…

それぞれ特徴が異なる八つの集落に点在する宿で、
神秘的な島の情景や音色をお楽しみいただけます。

江戸時代の奄美の中心地。絶品の夕焼けは必見!

赤木名集落 / 笠利町

集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります

水平線から昇る朝陽が得も言われぬ美しさ

用集落 / 笠利町

集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります

茅葺の高倉は、しまの人も集う団らんの場所

那野集落 / 笠利町

集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります

場所も時間も忘れてしまいそうな別世界

屋仁集落 / 笠利町

集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります

伝泊

加計呂麻島

奄美大島の南部に寄り添うようにして浮かぶ加計呂麻島は、
人口も少なく紺碧の海が美しい、まさに秘境。

かつて「男はつらいよ」の
映画の舞台となった伝説的な家屋を改装した宿、
夜は屋根にのぼって星空を眺めながら島時間を過ごす宿…

「何もない」からこそ感じられる
本当の豊かさに気づくことでしょう。

謎の山城「赤木名城跡」と源氏伝説

赤木名集落 / 笠利町

集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります

謎の山城「赤木名城跡」と源氏伝説

用集落 / 笠利町

集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります

謎の山城「赤木名城跡」と源氏伝説

那野集落 / 笠利町

集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります

謎の山城「赤木名城跡」と源氏伝説

屋仁集落 / 笠利町

集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります

伝泊

徳之島

闘牛で有名な徳之島は、情熱的な人の活気に満ちた島です。
本土からの直行便が少ないからこそ残る手つかずの自然は、
令和三年に世界自然遺産にも登録されました。

琉球の建築様式が特徴的な歴史ある宿、
海亀が卵を産みにくるビーチが目の前にある宿、
大自然が広がる国立公園の中にある宿…

奄美大島とはまた違う、
独自の集落文化に出会える貴重な島です。

謎の山城「赤木名城跡」と源氏伝説

赤木名集落 / 笠利町

集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります集落の説明が入ります