伝泊からの
お知らせ

奄美大島で初 「伝泊 The Beachfront MIJORA」が2021年度グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)を受賞

奄美大島で初めて「伝泊 The Beachfront MIJORA」が2021年度グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)を受賞しました。

伝泊」(本社:奄美イノベーション株式会社  鹿児島県奄美市 / 代表取締役:山下保博)の運営する宿泊施設『伝泊 The Beachfront MIJORA』はこのたび公益財団法人日本デザイン振興会主催の2021年度グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)を受賞しました。

奄美大島では初となる金賞受賞で、デザイン的な練度、及び建築家自らが奄美の地域課題を多方面から解決し、島の持続的な運営を目指す活動内容、新たな職能のあり方の提示という点で評価をいただきました。当社では今回の受賞を契機に「伝泊」のブランド認知拡大を図るとともに、地域に利益を還元させ「誰一人、何一つ取り残さない社会」の実現を目指していきます。

<受賞コメント>
2021年度グッドデザイン金賞に選んでいただき大変感謝しております。また、今回建築だけでなくまちづくりとして本取組を評価していただけたことを何よりも嬉しく思います。奄美は今年、世界自然遺産に認定されましたが、それ以上に何百年も小さな集落単位でそれぞれの文化・伝統を持っていることが特徴的な地域です。この独自の集落文化を守るべく、今後とも微力ながら支えていきたいと思っています。
(山下保博/建築家・奄美イノベーション株式会社代表)

<グッドデザイン賞審査員評価コメント>(一部抜粋)
奄美大島の分散型宿泊施設の計画。その目的は、介護や障害者ケアの不足、少ない就労機会といった島 に内在する諸問題を解決し、持続可能な豊かな生活圏とすることにある。審査対象となった施設群の宿 泊者は施設内だけでなく、奄美大島特有のゆったりとした日常の暮らしの中を周遊し、島人とも交流す ることになりその経験自体が旅の喜びとなるのだろう。どの施設もデザイン的な練度も高く、建築家自 らが島の持続的な運営を担うという新たな職能のあり方を提示しており、高く評価した。


<受賞対象>
・施設名称:伝泊 The Beachfront MIJORA

伝泊 The Beachfront MIJORA公式HPはこちら


・施設概要:伝泊 The Beachfront MIJORAは豊かな森と美しい海に恵まれた世界自然遺産の奄美大島にある高級ヴィラリゾート施設。「島の自然と対話する」をコンセプトに、ガラス越しに広がる大自然を通じて日常の喧騒を忘れ、心をほぐす宿泊体験をお届けしています。
・建築家:山下保博 ×(アトリエ・天工人+奄美設計集団)
・グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ


受賞ページはこちら


伝泊 とは
3種類の宿泊施設『伝泊 古民家』『伝泊 奄美 ホテル』『伝泊 The Beachfront MIJORA』と、複合施設『まーぐん広場』の運営を行い、観光客と地元住民との交流を促進するまちづくりの活動を行っています。奄美大島には、豊かな自然や生態系が育まれており、2021年には世界自然遺産に登録されました。同様に、様々な歴史の経過の中で約360の集落文化が何百年も継承されており、「しま」(集落)は世界に誇る奄美の貴重な文化資源です。それらを伝泊では「奄美の宝」と捉え、守りたい、未来へ伝えていきたいという思いから、2016年に「伝泊」はスタートしました。


グッドデザイン賞 とは
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。

受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
https://www.g-mark.org

取材、受賞に関するお問い合わせ
奄美イノベーション株式会社
広報担当:田中宛
電話:0997-57-1708
FAX:0997-57-1908
E-mail:media@den-paku.com
奄美イノベーション株式会社HP:https://amami-innovation.com/

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKorean