伝泊

vol.21 美しい海を見ながら体の中もきれいに。薩川集落の薬膳カレー

”Amami”はイタリア語で「私を愛して」という意味。 そう、奄美には愛さずにはいられない魅力が溢れています。 自然、食、人etc.、愛すべき奄美の魅力を島人の目線でお届けします。

伝泊『しまぬ自慢』をご覧の皆さま、こんにちは。
加計呂麻島在住の三谷晶子です。

この日はイノシシカレーをセレクト。

さて、今日は加計呂麻島の薩川集落にオープンした『太陽の島カフェ』についてお話ししたいと思います。

『太陽の島カフェ』は2019年8月にオープンしたばかりのカフェ。30種類以上のスパイスを使った薬膳カレーと、6年前に設立された加計呂麻島の植物をおいしく体にもいいお茶にした『しりたむんきゃ』のハーブティーをメインにしたお店です。

この看板がオープンの目印。

一押しのカレーは、チキンカレー、イノシシカレー、キーマカレーの3種類。
単品900円 セット(サラダ・ドリンク付き)1200円 ※イノシシのみ+300円です。

ドリンクもさまざまな種類から選べます。

特におすすめはイノシシカレー。島のイノシシがごろごろたっぷり入っています。

また、手作りツナや島の塩豚を使った季節によって変わる具材が2種類選べるパニーニもおすすめ!
パニーニ(2種類)
単品 700円 セット(サラダ・ドリンク付き)900円です。

この日はアボガドとクリームチーズと手作りツナマヨコーンの2種類を選びました。

この日のサラダはキヌアをベースにトマトのピクルスやさまざまな野菜が入っていました。

調味料にも加計呂麻島の塩を使い、野菜類もなるべく加計呂麻島のものを使っているとか。

お冷も島のハーブとレモンでいい香り。おしぼりもさりげなくラベンダーの香りがしました。

こちらのオーナーは東京都在住。
加計呂麻島出身で、現在、薩川集落で民宿を営む女性の永年の友人として島に訪れたところ、島の美しさにぞっこんに。
そのご縁からこの店をオープンすることになったのだとか。

海の見えるテラス席も。

美しい景色のもと、穏やかな時間が流れる加計呂麻島で訪れる人に体の中からも美しく健康になれるような時間を過ごしてもらうのが、こちらのお店の目標だそう。

できる限り島の素材を使い、体の中からも島を楽しんでもらいたいという思いが込められているカフェです。

店内では『しりたむんきゃ』オリジナルのハーブティーも販売。

奄美の地ビールやソーダも取り扱っています。

カレーやパニーニはテイクアウトもOK。
持ち帰ってお気に入りの浜辺で食事を楽しむのも素敵ですね。

薩川集落はNHKドラマ『島の先生』の舞台にもなり、集落内を流れる川が独特の景観を持つ美しい集落。
「実久ブルー」と名付けられ、独特のクリアな青さで有名なビーチ、実久海岸もほど近く、海を楽しんだあとにもぴったりのお店です。
伝泊の「海見る屋根の宿」からは車で40分ほど。伝泊「リリーの家」からは一時間半ほどかかりますが、島を一周するドライブがてらならちょうどいい場所。

加計呂麻島は、旧実久村と呼ばれる島の西側にあまりお店がなく、訪れる方はランチをするのに困っていました。
私も友人が訪れた際など実久方面にドライブすることもよくあるので、こちらの『太陽の島カフェ』のオープンは住民として、とても嬉しいです。
薩川集落に訪れた際は、ぜひ、『太陽の島カフェ』へいらしてみてはいかがでしょうか。

太陽の島カフェ
住所 鹿児島県大島郡瀬戸内町薩川
営業時間 11:30~15:00
定休日 水・木
電話 090-3597-8440

 


【プロフィール】 作家、ILAND identityプロデューサー。著作に『ろくでなし6TEEN』(小学館)、『腹黒い11人の女』(yours-store)。短編小説『こうげ帖』、『海の上に浮かぶ森のような島は』。2013年、奄美群島・加計呂麻島に移住。小説・コラムの執筆活動をしつつ、2015年加計呂麻島をテーマとしたアパレルブランド、ILAND identityを開始。
三谷晶子 Ameba Ownds https://akikomitani.amebaownd.com/
ILAND identity https://iland-identity.jp/

*当ブログ内のテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。

関連記事一覧