伝泊からの
お知らせ

飛行機内の空気循環について(JAL/Peach)

コロナ禍での飛行機による移動について、不安な気持ちを持たれる方も多いかと思います。
今回は、奄美空港に就航している航空会社の「飛行機内の空気循環」について、ご紹介をさせていただきます。

飛行機内の空気循環について

飛行中、機内の空気は概ね2分~3分で入れ替わり、清潔な空気で保たれます。

ポイント1

常に機外から新鮮な空気を取り入れ、2分~3分程度という短い時間ですべて機外に排出されます。

ポイント2

機内を循環する空気は、高性能空気フィルターを通ることにより清潔に保たれます。

ポイント3

客室内の空気は、常に天井から床下へ流れて特定の場所に滞留はしません。

 

【詳しくは、航空会社のHPをご参照ください。】

▼JAL機内の空気循環について

▼JALの新型コロナウィルス感染症に関する取り組みについて

▼Peachの新型コロナウイルス感染症に関する取り組みについて

▼国内線 各就航地の自治体または観光局、空港、公共交通機関(空港乗り入れ民間鉄道・バス各社)の感染対策【Peach】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKorean