【内覧会】6月17日「梅の木のある小さな宿 市十郎」

佐渡島の松ヶ崎集落に伝泊・佐渡「梅の木のある小さな宿 市十郎」がオープンしました。

伝泊・佐渡とは、佐渡島の伝統的構法で建てられた民家を改修した宿泊施設で、昨年オープンした「ぐるり竹とたらい湯の宿 カネモ」に続く2棟目となります。
宿泊されたお客様からは「タイムスリップしたような時間を過ごせた」「集落の方との触れ合いが楽しかった」と好評をいただいております。

今回は「梅の木のある小さな宿 市十郎」「ぐるり竹とたらい湯の宿 カネモ」の2棟の内部を公開いたします。

日時 :2018年6月17日(日)

13:30 受付
14:00 説明会 「伝泊・佐渡が出来るまで」
(アトリエ・天工人 山下保博)
15:00 ~17:00 自由内覧

住所 : 新潟県佐渡市松ヶ崎1042

松ヶ崎について】
松ヶ崎は、「屋号の里」として知られる昔ながらの街並みが保存されている集落で、それぞれの家は今でも古い屋号で呼び合っています。家ごとに屋号の看板をつくったり、漁具や古民具などを各玄関口に飾ったりと、住民が一体となり様々な取り組みが行われています。

PAGE TOP