会いに行く旅

トレッキングコース

【期間】2017年10月01日〜2017年11月30日
※このプランは1泊または、2泊で予約可能となります。

秋の美しい小佐渡の自然の中、日蓮上人をしのぶ道を佐渡の人と共に歩くトレッキングコースです。


築100年の佐渡の伝統的な家の宿『伝泊』に暮らすように泊まり、地元の人とふれあうプランです。
古代・中世歴史の道、北海道交易で栄えた松ヶ崎の町並みを共に歩き、夜は美味しい新鮮な夕ご飯を共に作り味わって下さい。
さどんぽとは佐渡の小さな集落に住む人たちが、自分の言葉で、暮らし・歴史・遊びをちょっとそこまで「さどんぽ」しながら案内してくれる小さな旅です。
・この体験付き宿泊プランは、新潟県の宿泊交流人口拡大事業の支援を受けて実施しています。

・宿泊プランの効果検証のため、参加者には、アンケート記入のご協力をお願いします。

  1. 2泊3日コース
  2. 1泊2日コース
  3. 注意事項
  4. アクセス

【期間】2017年10月01日〜2017年11月30日

※このプランは2泊限定で予約可能となります。

秋の美しい小佐渡の自然の中、日蓮上人をしのぶ道を佐渡の人と共に歩くトレッキングコースです。
築100年の佐渡の伝統的な家の宿『伝泊』に暮らすように泊まり、地元の人とふれあうプランです。
古代・中世歴史の道、北海道公益で栄えた松ヶ崎の町並みを共に歩き、夜は美味しい新鮮な夕ご飯を共に作り味わって下さい。
さどんぽとは佐渡の小さな集落に住む人たちが、自分の言葉で、暮らし・歴史・遊びをちょっとそこまで「さどんぽ」しながら案内してくれる小さな旅です。
・この体験付き宿泊プランは、新潟県の宿泊交流人口拡大事業の支援を受けて実施しています。
・宿泊プランの効果検証のため、参加者には、アンケート記入のご協力をお願いします。
*上記条件が今回の割引プランの絶対条件なりますので何卒ご協力お願いいたいます。
プラン日程
1日目
13時 宿(ぐるり竹とたらい湯の宿)集合、さどんぽ出発
14時 途中 塩作り@菊池商店
15時 途中 お茶休憩@本行寺本堂
16時 ぐるり竹とたらい湯の宿 チェックイン
16時半 おかあさんと一緒に夕食準備
18時半 夕食

2日目
8時 朝食
9時 トレッキング
12時 昼食
13時 トレッキング

3日目
8時朝食
チェックアウトまで自由時間

朝食2回、昼食1回(2日目)夕食1回(1日目)がプランに含まれます。
最小催行人数:2名より

2泊3日の限定プランとなるため、お申込みの際は2泊でご入力下さい。
料金は1泊あたりの料金表記となっておりますのでご注意下さい。

【期間】2017年10月01日〜2017年11月30日

※このプランは1泊限定で予約可能となります。

秋の美しい小佐渡の自然の中、日蓮上人をしのぶ道を佐渡の人と共に歩くトレッキングコースです。
築100年の佐渡の伝統的な家の宿『伝泊』に暮らすように泊まり、地元の人とふれあうプランです。
通常素泊まりプラン¥9,650(1泊1名料金)のところ今回は新潟県の支援を受けてツアーをご用意している為
今だけ早い者勝ち、特別価格にてのご提供です!!

【プラン日程】
1日目
19時までに チェックイン

2日目
8時半 チェックアウト
9時トレッキングツアー(約3時間)

*トレッキングツアーのスタート地点まで
は地図をご用意していますのでご自身でご移動下さい

朝食なし(オプション 要事前申込み 1人¥1,200)
夕食なし(オプション 要事前申込み 1人¥5,000)
ツアー時のお弁当(オプション 要事前申込み 1人¥1,200)
最小催行人数:2名より

ご到着時間によっては1日目にトレッキング体験ツアー参加に変更できる場合がありますので、ご希望の場合はお問い合わせ下さい。

*ツアー参加の際は動きやすい服装及びトレッキングシューズをご着用下さい。

※当ツアーでは旅行中の事故・怪我における入院・通院の傷害保険代は含まれておりません。
 万が一に備え国内旅行傷害保険に加入されることをお勧めいたします。
※悪天候の場合、ツアーの内容が予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。


〒952-0821 新潟県佐渡市松ケ崎 1006 「伝泊・佐渡 ぐるり竹とたらい湯の宿」

【アクセス】
・両津港から車で約50分、県道45号線から松ケ崎集落へお入り下さい。
・「本行寺」「菊池商店」 向かいです。

 
左)本行寺 ・・・伝泊 ぐるり竹とたらい湯の宿の斜め向かいにあるお寺。門の上に右から「松崎山」と書いてあります。
右)菊池商店・・・伝泊の向かいのお店。イカの一夜干しが絶品です。
宿にご用意している「佐渡ヶ塩」「えび塩」も菊池商店さんでお買い求め頂けます。

 


△ 宿のある松ケ崎と、岩首の風景

PAGE TOP