CONCEPT

ようこそ。伝泊 The Beachfront MIJORA へ

 建築家からのメッセージ
「伝泊のあたらしい伝説、伝泊 The Beachfront MIJORA」

「伝泊」は、私が故郷の奄美大島で2016年より手がけている、伝統的・伝説的な建築・集落・文化を次の時代に伝えるための宿泊施設です。

「伝泊」誕生のきっかけは、集落の空き家問題の相談を数多く受けるようになったことでした。
奄美群島が世界遺産登録に向けて注目を浴びるなか、奄美の伝統的な家屋や、島にとって伝説的な建物を宿泊施設として再生すれば、
島の文化や自然の素晴らしさ、昔ながらの集落を多くの人に伝え、語り継いでいくことができると考えました。
そのために、単に建物を改修して宿にするだけでなく、「伝泊」を訪れる人々と島の人々が交流する機会と場所の提供を何よりも大切にしています。

より多くの方々に楽しんでいただけるよう、これまで、一棟貸しの「伝泊」の他に、地域包括ケア施設やレストラン・物販と複合した「伝泊ホテル」や、
地域住民や遠征合宿の子供たちも利用できるランドリーを併設した「伝泊ドミトリー&ランドリー」と、ラインアップのバリエーションを増やしてきました。

「伝泊 The Beachfront MIJORA」は、「伝泊」ブランドの中で唯一、改修ではなく、私が新たに設計した新築のビーチフロント・ヴィラです。
奄美の伝統建築である高倉と、奄美の浜辺で良く見られるウノアシ貝の形状から着想を得た木の屋根を、折り紙のようにシンプルなコンクリート躯体の上に乗せ、伝統と新しいものの融合をはかりました。
ヴィラの内部と目の前の海の間にあるのは、一面のガラスのみ。視界を遮るものが一切なく、自然と人間との静謐な対話が繰り広げられることでしょう。
さらに、家具、アート、アメニティのひとつひとつまで、この建築空間にふさわしいものを選りすぐりました。

余計なものをそぎ落とした禅的な美意識がたゆたう空間で、ただひたすら海と向き合う贅沢な時間。
日常の喧騒をわすれ、生命の根源を見つめなおすような時間を堪能していただければ幸いです。

また、この「伝泊 The Beachfront MIJORA」でも、宿泊の方々と集落の人々が美しい海や夕陽を眺めながら交流できるオープンスペースをもうける予定です。
建築家としてこれまで培ってきた経験と、国内外のリゾート研究の成果をすべてをつぎこんだ、この「伝泊 The Beachfront MIJORA」が、島の新たな伝統と伝説を語り継いでいく場となることを願っております。

建築家・山下保博

PAGE TOP