伝統的建築

 EN/中文 

宿泊していただく建物は、50年以上経った奄美大島の伝統的な建築です。
私たちが考える伝統的建築とは、どのようなものかを七つに分けてご紹介いたします。


奄美における伝統的建築の7つの条件

1. 台風対策のための珊瑚石や生垣・防風林やブロックの塀
01茶
敷地の周りは、最大瞬間風速40~60mの風に耐えうるための塀が設けられています。昔の素材は珊瑚石や生垣防風林でしたが、最近は安価なコンクリートブロック塀が多く見られます。

 

 

2.分散型の配置計画
02茶

敷地内には、母屋と水屋と家畜屋、納屋、便所等がバラバラに3?5棟配置されており、奄美の特徴的な高倉が現存する家もあり、井戸も必ず設けられています。

 

 

3.平屋で入母屋の屋根形状
03茶

風が強いこと、建築的な技術があまり発達しなかったことから、平屋が多く見られます。屋根の形は、高倉から派生した入母屋造りや変形的な寄せ棟造りが多いです。

 

 

4.高床
04茶

東南アジア地域特有の高床式が多く見られ、床高さは60?90センチメートルです。高床の理由は二つあり、湿気対策と台風の風を通過させることで建物が倒れないようにしています。

 

5.ヒキモン構造
05茶奄美は、東南アジア地域からの影響で束石の上に乗せただけの柱が土台を貫通して梁まで伸びている「ヒキモン構造」が多く見られます。これも台風対策の一環で、足元周りや建物全体の強化をするための先人たちの知恵です。

 

6.独特の平面計画
06茶

母屋の間取りはメインの部屋(オモテ)を外廊下で囲い込み、その廊下が玄関の役割も果たしており、最近では廊下の先には便所が多く設置されています。玄関の近くにある台所は土間が多く、半屋外の作業場にもなっていましたが、現在は床が貼られ、台所や食事どころになっています。

 

7.奄美の材料
07茶奄美は動植物に恵まれていますが、良い木材は取れませんでした。それでも、シロアリに強い曲がった柱や梁材をうまく利用して組み立てています。屋根は茅ぶきでしたが、トタン屋根に葺きなおされており、清めのために庭に珊瑚石や海砂を敷き詰めた家もあります。

 


PAGE TOP